加入の基準が緩和

話し合いをする人

癌になったことがある。それが保険加入のハンデになっていた時代は過去のものである。今では、そんな人でも入れる保険、引受基準緩和型の医療保険などが充実している時代なのだ。

Read More

それでもある条件

笑顔の女性

癌の経験をしたことがある人でも、入れる保険。ただし、それでも加入するための一定の基準は存在している。そこをクリアすることが出来た人が、真の意味で加入することが出来ると判断されるのだ。

Read More

癌になっても

癌という病気

遠い未来、もしかしたら最終的に人間と争うことになるものは、宇宙人でも何でもなく、癌かもしれない。
何しろ、たった今のこの時代にも、癌との戦いは激しく繰り広げられているからだ。
特に日本では、癌は2人に1人、3人に1人がこれに罹る可能性があると言われていて、日本人の死因の中ではいちばん多いものとされている。
私か、あなたが、罹ってしまうかもしれない癌。これは決して人ごとではない。生活のいろいろな部分に影を落とす問題だからだ。
実際に癌に罹ってしまって苦しんだり、大変な治療をしたりといった苦労はすぐに考えられるけれど、それ以外にも考えるべきことがある。たとえば、保険はそのひとつだ。
万が一のための備えとして、生命保険や医療保険に加入しようとするとき、かつて癌に罹ったという経験がマイナスに働くことになるのだ。

保険に加入するために

生命保険や医療保険を提供する保険会社は、加入する人々からの保険料を収入源としている会社である。
かわりに、加入者が生命を脅かされるような事態に直面したり、費用がたんまりかかるような治療を受けなければならなくなったとき、契約に従って保険金を支払って、それらにあてることが出来る。
そういう意味で、保険とは「万が一のための備え」であるわけだが、もちろん保険会社からすれば、なるべくなら保険金が出るようなことは起きてほしくない。
こういう事情があるので、これまで、癌などの危険な病気に罹ったことがある人は、加入を認められないというパターンが多かった。というか、すべてそうだった。
癌に罹った経験を持っているということは、将来的に保険金が必要となる事態が起きるかもしれないという可能性が高くなる。
そういうわけで加入はNGというのが多かったのだが、最近では必ずしもそうとはいえない状況になってきている。そういう人でも、入れる保険が続々と登場しているのである。

保障の内容について

生命保険や医療保険など、癌の経験がマイナスになっていた従来の保険。それと比べたとき、今の「入れる保険」には保障内容に違いがあるのだろうか?そのことについても確認しておきたい。

Read More

女性と癌と保険

「癌と保険」の関係については、女性のことも考えないわけにはいかない。なぜなら、最近は女性に特有の癌のことも問題になっているからだ。彼女たちの入れる保険について、説明しよう。

Read More

薬を飲んでいる人

「持病があって薬を飲んでいるんです」そんな人でも入れる保険がある。生命保険、医療保険、癌保険などさまざまである。もちろん限界はあるが、今、多くの人が保険の恩恵を受けることが出来るようになっているのだ。

Read More